「犯罪被害者週間」国民のつどい

本事業実施の目的

  

「犯罪被害者週間」とは 犯罪被害者等が、犯罪等により受けた被害から立ち直り、再び地域において平穏に過ごせるようになるためには、国及び地方公共団体による施策を十分に措置することのみならず、地域の全ての人々の理解と配慮、そしてそれに基づく協力が重要である。 第2次犯罪被害者等基本計画(平成23年3月25日閣議決定)において、「内閣府において、犯罪被害者週間(毎年11月25日から12月1日まで)を設定し、当該週間にあわせて、啓発事業を集中的に実施する」こととされた。

1.犯罪被害者週間の実施について

 

(1)目的 政府においては、犯罪被害者基本法(平成16年12月成立)及び第2次犯罪被害者等基本計画(平成23年3月閣議決定)に基づき、犯罪被害者等施策の取組を進めているところである。これら施策の推進においては、国民の理解と配慮・協力が重要である。 本事業は、犯罪被害者等に対する国民の理解の増進を図り、犯罪被害者等に対して適切な配慮や支援がなされる社会づくりを推進するため、国・地方公共団体・関係機関等の連携の下、犯罪被害者週間にあわせて実施するものである。

 

(2)実施期間 毎年11月25日から12月1日までの1週間

 

(3)実施体制 内閣府をはじめ、警察庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省及び国土交通省等の関係省庁が協力し、実施する。また、都道府県及び市町村(以下「地方公共団体」という)並びに関係機関・団体に対しても、参加を呼びかける。

 

(4)主な実施事項

<1>犯罪被害者等の置かれた状況等について国民理解の増進を図るための啓発事業の実施 内閣府において、犯罪被害者等の置かれた状況について国民が正しく理解し、国民の協力の下に関係施策が講じられていくよう、国民が犯罪等による被害について考える機会として、毎年、東京及び複数の地域で、関係省庁等の協力を得て、犯罪被害者等に係る様々なテーマを議論する啓発事業を開催する。

<2>様々な主体による啓発事業の推進 関係省庁、地方公共団体、関係機関・団体等の様々な主体に対して、犯罪被害者週間に関連した各種啓発事業(<1>に掲げるものを除く)の実施を呼びかける。

<3>様々な広報媒体を通じた広報の推進 関係省庁、地方公共団体、関係機関・団体等の様々な主体に対して、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ポスター、インターネット等様々な広報媒体を活用した広報啓発活動の実施を呼びかける。

 

(5)留意事項

<1>様々な主体との連携・協力 地方公共団体、関係機関・団体等の様々な主体との連携により、犯罪被害者週間にふさわしい啓発事業等の実施に努める。  また、地方公共団体、関係機関・団体等の様々な主体が啓発事業等を効果的に実施できるよう協力する。

<2>国民各界各層への呼びかけ 犯罪被害者等がその名誉又は平穏を害されることなく、共に地域で生きていけるよう国民が総意で協力する社会を形成していくという視点を持ち、幅広く国民各界各層に対して呼びかけることにより、国民一人ひとりに深く届くよう着実に進める。

<3>犯罪被害者週間の趣旨の定着化 犯罪被害者週間の実施を契機として、様々な主体による総合的な取組が年間を通じて展開されるような機運の醸成に努めることにより、犯罪被害者等が再び平穏な生活を営むことができるようになるためには、国民全ての理解と配慮、そしてそれに基づく協力が重要であるという意識の定着化を図る。

 

 

2.平成24年度「犯罪被害者週間」国民のつどい 「犯罪被害者週間」国民のつどいは、関係省庁等の連携・協力の下、犯罪被害者週間(11月25日から12月1日まで)にあわせて実施することにより、犯罪被害者等に対する国民の理解の増進を図り、もって、犯罪被害者等に対して適切な配慮や支援がなされ、犯罪被害者等の尊厳が守られる社会づくりを推進することを目的とする。

 

 

 

■ 日時・会場(全国5会場)

 

 

●中央大会 日時:平成24年12月1日(土)

 13時30分~16時50分 会場:一橋講堂

●長野大会 日時:平成24年11月19日(月)

 13時30分~16時30分 会場:JA長野県ビル アクティーホール

●大阪大会 日時:平成24年11月24日(土)

 13時30分~17時00分 会場:クレオ大阪中央 大ホール

●長崎大会 日時:平成24年11月25日(日)

 13時30分~17時00分 会場:長崎文化放送 NCC&スタジオ

●岡山大会 日時:平成24年11月28日(水)

 13時30分~16時00分 会場:山陽新聞社 さん太ホール